配置薬販売業の歴史

「使った分だけ後払い」お客様との信頼関係で成り立つ置き薬です。

今から300年以上前に誕生した配置薬販売業。
その歴史をご紹介します。


 歴 史

時は江戸時代。
富山藩2代目殿様・前田正甫(まさとし)は、
病気に苦しむ人々を救うため、
反魂丹(はんごんたん)などの
製薬に力を注いでいました。

ある日、参勤交代で江戸城に入った際、
福島県の殿様が腹痛で苦しんでいました。
前田正甫公が持っていた反魂丹を飲ませたところ、
たちどころに具合が良くなったのです。
この大名腹痛事件が発端となり、
富山の薬は全国的に知れ渡りました。

やがて、全国から反魂丹の注文が殺到。
前田正甫公は、富山藩の名誉を傷つけない
立派な人たちを選んで
薬の販売に全国へと旅立たせました。
こうして配置薬販売業がはじまったのです。

企業情報

採用情報

置き薬について

共栄ブログ

女性専用サーキットトレーニング・ジム「カーブス」